沖縄の自宅にデリヘルを呼んだ時に気付いた注意した方が良い点。

2012年8月30日

自宅に呼ぶ際の注意

ずいぶんと前の話なのですが、自宅のアパートに沖縄デリヘル風俗情報の女の子を、初めて呼んだ時の話です。当時、僕は妹と一緒に暮らしていたので、いつもデリヘルを呼ぶ時には、近くのラブホテルを利用していたのですが、妹が研修かなんかで4日間ほど家を留守にするというので、チャンスとばかりにデリヘルを呼ぶことにしたのです。

その女の子を呼ぶのは初めてだったのですが、すごく可愛くて、小柄のロリ系の女の子でした。到着してしばらくは普通に会話を楽しんでいたのですが、しばらくすると、女の子が“涙が止まらない”と言うのです。そしてすぐに、“今度は鼻水が出てきた”と言い出す始末です。見てわかるくらい、涙と鼻水は結構ひどく、とてもエッチなプレイを出来るような感じではありません。

何が原因なのかわからずにいると、その女の子が、“猫とか飼っていませんか?わたし動物アレルギーなんです”と言いました。猫は飼っていないのですが、ハムスターを妹が飼っています。きっとこれが原因だったのでしょう。その後、女の子はどうしてもプレイするのは無理だということで、チェンジしてほしいと言ってきました。

最近では、ペットを飼っている男性も多いので、“今までにこんなことはなかったの?”と尋ねたところ、デリヘル入店3日目だと言うのです。彼女には悪いと思いましたが、やはり動物アレルギーがあるのであれば、自宅派遣が多いデリヘルは向かないのではないかと思いました。まあ、その時の僕もスタッフに聞いておけばよかったんですけどね。皆さんも、念のため確認はしておいた方が良いですよ。そんな動物アレルギーなどがある女の子は、ある程度優遇のきくお店で働くことをお勧めします。